So-net無料ブログ作成
検索選択
Des notes sans fin φ(。。) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

Red and Blue color layout tone at Every 4 years....... [Des notes sans fin φ(。。)]

スクリーンショット 2016-11-10 13.27.40.jpg

米国大統領は2期迄 3選は憲法で禁止されてます. 民主党政権が2期続けば
共和党に世論が振れるのは自然な流れです. 4年毎に視る 赤(共和党)青(民主党)
の票取り勢力は 実は 太平洋と大西洋側は 青 中西部は 赤でほぼ固定的で
今回は南部 フロリダ 五大湖周辺の Rust Belt (さびついた旧工業地帯)での勝敗が
勝負を分けた,ようです.

赤の候補が一貫してリード/優勢だと報道した一つは 西海岸 Los Angeles Times

スクリーンショット 2016-11-10 13.08.17.jpg

赤の候補の勝利宣言を聞きながら頭に鳴ったサウンドは




lyrics on Show Business - Elektric Music (Esperanto) /Karl Bartos (ex-Kraftwerk)


Set it on a talk show Put it on a video Say it on the radio But never let the truth show Acting on a feature Become a T.V. creature Put yourself in place With a smiling face Show Business, Image Politics This is the age of show business Catch an image fix. Diving through the looking glass Just like the greatest stars You don't have to be yourself Change into someone else Pace another sound byte Make a million overnight Give up your private life Spotlight shines so bright!


【Counter Propaganda】 Behind *the cove* [Des notes sans fin φ(。。)]



2016 Sep. アメリカ カルフォルニア滞在中 Jと論争になった 映画 The coveに
対する 日本からの批判的応答がありました.

鯨食が世界から批難されることに「なぜ?」の素朴な問いを反捕鯨団体やIWC国際捕鯨委員会の歴代日本政府代表陣に直撃取材。実態を届けるため、この問題の原点であるアメリカで配給します!


https://motion-gallery.net/projects/behindthecove

とりあえずアメリカでの作品の公開のための 寄付目標額 500万円は突破しました.
ワタシも2万円ほど協力致しました. 映画 The Coveは アカデミー賞 ドキュメンタリー部門で受賞しており 関連する映画 Blackfish等 哺乳類保護の趨勢が強い中
「対抗」として拮抗し 一般的な理解を得るのは難しいと思います. シーシェパードの
胸元/懐に飛び込んでいた監督はこのことを十分承知してます. では 敢えて アメリカでの
公開にこだわったのか? それは ニューヨークとロサンゼルスで各1週間 民間のシアターで公開された作品は アカデミーの審査員は 審査の前提として 視聴しなければ
ならない義務を負っているからです,これによりドキュメンタリーとして 一方的な アンチ捕鯨の基調に終始した作品に賞を授与したアカデミーの見識を問うことが可能になるわけです.
天晴! 

※ 和歌山の大地町とシーシェパードの小競り合いは感情的になっており シーシェパードの構成員が刑事事件の裁きを受けるなど穏やかではありません. 又 The Coveの主演 Richard O Barryは 2016 1月 観光目的での入国を拒否されました.......






Andrzej Wajda ; He has passed away 10 Oct 2016 (Japan time) [Des notes sans fin φ(。。)]


お昼時いつも見ているBBCアプリで知りました.....R.I.P.
昨年 ポーランドのGdanskに足を運んだ契機になったのは 紛れも無く
監督の名作 大理石の男の構成力に腰を抜かした記憶が尚鮮明だったからでしょう..

訃報
http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-37603756

日本との関わり

http://www.wajda.pl/en/japonia.html

いわゆる 抵抗の3部作(世代/地下水道/灰とダイヤモンド)のうち 大手配給があったのは灰とダイヤモンド(お世話になった教授からの伝聞)とか. 主演の男優は 1958 鉄道事故で夭折. 高田馬場 Act  /アテネフランセ/日仏会館では この手の旧いモノクロ映画
3本立てでよく上演していて そういう機会で鑑賞したのだと思います.



地下水道も持っていました.....



Butterfly Technique [Des notes sans fin φ(。。)]




スイムを昨年12月に始めて9か月目に入り 泳ぐ順番は バタフライ背泳ぎクロール
⇒クロール⇒ビート版 足は平泳ぎとなりました. が性格には バタフライの後 小休止
クロール前に小休止が入ってしまいます. 何とかバタフライで25mは泳げるようになりましたが 呼吸が荒くなり文字通り肩で息をする状態で プールサイドに手をかける
ことが常態です. 最近 近隣の大学水泳部と思われる方が隣のコースで個人メドレー
で泳いでいたので観察してヒントを探しました. 浮かんだことは以下です.

総論的には 水面下の動きが鍵を握る. 誰かが平泳ぎを見てくれといったら 先回りしたり後ろから潜って見ていました. 恐らく足の動きをみていたのだと思います.

各論的には バタフライは平泳ぎとの親和性がありそう. 大学生は 25mをバタフライと平泳ぎともに同じ8ストロークで泳いでました. 
平泳ぎのキックは 呼吸のため上体を水面に出す際の浮上を手助けする. バタフライの第一キックは上体の浮上のためのもの,
そのためにバタフライのキックも平泳ぐの様に少し蟹股で内側に蹴って 足首をまっすぐにして揃える. 蟹股にする時期は腰が浮いたとき.
第二のキックは推進のため. よって 手の着水で伸びと2回目のキックは同時にする
呼吸が苦しくなるのは 頭を早く沈めるため 顎を早く引くため十分な息継ぎになっていないから. よって 顎を水面と平行にして息継ぎをしてから顎を引く

頭で考えたイメージはざっとこんな処ですが 実際に水の抵抗を受けて 手と足を
連動させることは容易ではなく 腕力の要る泳法なので フィンの購入は念頭に置いてます.

Comical Drawings Touch By 伊藤若冲 [Des notes sans fin φ(。。)]

2016 7月22日 京都 細見美術館で初めて観て 気に入った 鼠婚礼図.



所有者の細見美術館 館長 による短いコメントは 殆ど Walt Disneyの世界
豊かな色彩と緻密な筆致の画風の折,時として この絵のように ほっこりする
ユーモアのある絵が現れることは 恐らく 同時期の円山応挙には見られない
特徴だと思います. これを手がかりに
お盆に雑誌や新書を軽くCross Referenceしてみました。


(天明の大火以降) 伏見の石峰寺に身を寄せるようになった伊藤若冲は 実は 尼になった亡末弟の未亡人とその連れ童を引きとったそうです。(筑摩選書 狩野博幸著 江戸絵画の不都合な真実 P75 最終行/ 美術手帖 伊藤若冲 P34)そして, 寿塔済み(墓地の生前建立)の相国寺の永代供養も辞退しました. この含意は いったん譲った家督が
伊藤若冲に戻ってきたこと そして 再び 家長としての身の処し方も
伊藤若冲に求められることになったことの2点です..
鶏の図に ひよこが登場するようになったのは 間違いなく この甥っ子の存在抜きには
語れないような気がします。 この甥っ子は将来 伊藤若冲 亡き後 伊藤家の家督を承継する 家長です. と同時に甥っ子は 天明の大火で荒廃した京都の復興の担い手です. 伊藤若冲は この甥っ子と同居して 画風の幅を 一段もニ段も広げていったのではないか,伊藤家の跡継ぎに絵心を伝えながら 甥っ子が見せる笑顔にこの上ない悦びを感じ このような略筆の類が次々と産まれていったに違いない,この事が到達した今回の妄想の地平です. それは 俗的にいえば 家父長制の下の長男の役割=家長としての伊藤若冲の俗界での矜持を全うしたことと同義だと思います. 丹青活手妙通神の印を記した
百犬図が晩年製作された背景もこの生活環境の変化によるのではないかと思います.

※晩年に向けてより一層精力的になる習作や力作を見る限り 生活の糧としてこのような略筆絵と米一斗と交換した,との見解には 当方は至りません. 斗米翁との自分への称号は
俗世間を渡る上での伊藤若冲なりのフェイントだと思います.....  敬愛する 高遊外が売茶翁と名乗った事を真似たのではと思います.

※ 最初にフェイントと記したのは 江戸時代 寺院に義務付けられた宗門人別帳の記載
に関して  石峰寺には新たな 斗米翁という人物を仕立てて 石峰寺へ登録したのでは?
そうすれば このような変則的な家族形態もスムーズに処理できたのではないか?
と思ったからでした.......略筆絵の制作作業を石峰寺の境内で披露して 寺に拝観しに足を運んだ者を喜ばせ唸らしたことはありえても それをもって生活の糧にしたとは 思えません. 確かに絵具や墨等のレベルは落ちたんでしょうが....

Currnet Kraftwerk's 3-D video as of Aug.2016 [Des notes sans fin φ(。。)]



ポーランドのソポトの動画YoutubeにUPされていました. 気付いたのは 3-Dが
Projection Mappingのように鮮やかで明るくなった点です. HollywoodUniversal Studioでの3-Dは 両眼が健常な方は愉しめますが 片方が不自由な方は効果が判りません. この点 改善された3-Dでは 片方の眼でも十分効果が判ります. Sopotの公演でグダンスクの旧市街 会場のOPERA LEŚNA がスクリーンに映る様は やはりKraftwerkらしい演出です.

OPERA LEŚNA
w-kontekscie-otoczenia_50266.jpg
w-kontekscie-otoczenia_43670.jpg

【FYI】西欧の水彩画の巨匠 Albrecht Dürer [Des notes sans fin φ(。。)]


京都 細見美術館 館長は 伊藤若冲のように緻密な水彩画を描いた画家として
アルブレヒト・デューラーを挙げられていました. 伊藤若冲より明示的に宗教的色彩が
強い作品を残しています.

作品の一部まとめ

http://matome.naver.jp/odai/2135385286507318201

Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC

伊藤若冲の鳥獣花木図 屏風 升目描きについて雑考 03 [Des notes sans fin φ(。。)]



最後の妄想..... 妄想を記したからと云って美術館への出入りが禁止になるような立場
や身分でもないし 伊藤若冲が仮に妻帯者だったらとの前提で小説出版されている
方もいらっしゃるので ワイン片手に考えたことを残すことに躊躇はないです.

2双の鳥獣花木図をはじめて見た時 斬新なグラフィックと描かれている動植物の多彩さに誰もが愕きます. 当時 日本に生息するとは考えられない白い象が中心に ラクダ セイウチ ヤマアラシまで描かれているのですから.....それから 伊藤若冲が 仏門に帰依していることを知るにつれ,これらの動物が 仏教と密接な関連があることがわかり 何故 描いたか おぼろげに疑問は氷解していきました. 象は仏教が生まれたインドの象徴であり ラクダは 三蔵法師の功績を称える標章です.

※ なぜ 伊藤若冲が鶏にこだわったかは中国画でしばしばモチーフに取り上げられる 時を告げる聖なる生き物だからです.鶏が一般的に食用になるのは明治以降です.

さて,亡父の30周忌を弔うこともありますが 10年の年月をかけて動植綵絵 30幅を
相国寺に寄進するほど 信心深い伊藤若冲は 西欧におけるプロテスタント カルバン
の信徒のように 神/仏の栄光を増すことに悦びを感じていたに違いありません.

私的妄想の最終は この鳥獣花木図が 一切経(北朝) 大蔵経(南調)の一部に
少なくとも将来 鉄眼一切経の版木の下図を兼ねる事を願いながら作成されたのではないか? との妄想です.  長いので折畳みます.

続きを読む


伊藤若冲の鳥獣花木図 屏風 升目描きについて雑考 02 [Des notes sans fin φ(。。)]



-追記-

Apr./2017
後続の雑記のように 屏風 全体のConceptは 西陣織の「正絵」と殆ど関連が
無いとの地平に立っております.

4/Aug./2016 屏風 全体のConceptは 版木から インスパイアされたと解釈してますが 画法にかんしては 李氏朝鮮時代の紙織画法 や 西陣織の正絵から転借を試みた, に訂正します.
https://www.google.com/culturalinstitute/beta/asset/%E7%B4%99%E7%B9%94%E7%94%BB%E5%B1%8F%E9%A2%A8/ZAEPwgmdUbQpEg?hl=ja

伊藤若冲の升目描きに対する印象は 西陣の正絵≒座標上のグリッド線の軌跡にインスパイア/ヒントを得たものとの意見には一理ありながら決定的な直接の契機では無い,というのが現在の感想です,鳥獣花木図の升目はグラフィック的には縁取りされた独立した空間であり,その集積をもって全体像を構成しているとの印象が強いからです.
では 具体的に何を表象しているのか?と展開≒妄想してみると 鍵は伊藤若冲が帰依した臨済宗とならぶ禅宗の黄檗宗が誇った印刷物とその印刷技術にあるのではないかと思われます. 
歴史的背景に触れると, ヨーロッパの修道院が聖書の活版印刷に取り組んだように,黄檗宗,(江戸時代になってから伝来した後発禅宗,)も 「教え」の普及に勤しみます.が,従来のように中国から経本を輸入して写本していては効率が悪い事に気付きます,そこで禅師 鉄眼道光の提案により いわば仏教の百科事典である一切経の版木を作成して印刷の着手することを英断しました..
その手法は版木に文字を彫って 凸部に墨をつけて転写するもので これにより 飛躍的に部数が増え 各地に図書館的な存在たる勧学院が
設立されることになりました.
この鉄眼版の版木のサイズは縦26センチ、横82センチ。表裏に20行20字詰めの文字面が2面ずつ彫られており、これが現在の400字詰め原稿用紙の起源になっています.
また,誰にでもよめるように 字体は楷書を単純化して
彫られており 縦横はそれぞれ垂直平行で 概ね縦画は
太く 横画は細い. この字体は 現在のフォント 明朝体の原型になっています.
しかし,この様な画期的な体裁で作成された  鉄眼一切経のオリジナルは 6956巻に及び これに対応する版木は 約6万枚に及びました.そのため 製作に要した年数は 17年 まさに気の遠くなる大事業でした. 
前置きが長くなりましたが, 伊藤若冲は 現在の原稿用紙の原型になった鉄眼一切経の印刷物=原稿用紙の原型 乃至は 版木のレイアウトが有する縁取りのある升目にインスパイヤーされたのではないか,と考えています. 仏典の聖典の集大成 を構成する版木の特徴である升目で平面を埋め尽くすことは 絵画によって 仏教を総括する絵巻を描くことに他ならないからです. これは伊藤若冲が生を全うするまでにいつかやってみたいテーマに違いないと思います.
鉄眼一切経の版木をみると 開いた2双の屏風のように見えるのは 眼の錯覚かもしれません.........が...... その3があれば なぜ無署名 無落款なのかですが この備忘録で
答えが出てしまった感があります. 聖典のレイアウトで平面を埋めることを決めた時点で,もはや伊藤若冲は 自らの署名と印字を占有する場所は見出せないからです......言い換えると 伊藤若冲は当初から自分の名前を明示的に残す意思なく この作品に従事したはずだ,,,...妄想の延長線上はこうなります....

伊藤若冲の鳥獣花木図 屏風 升目描きについて雑考 01 [Des notes sans fin φ(。。)]



今年は生誕300周年という事で沢山の出版等あります.きりりと冷えたワイン片手に貯めていた雑誌等頁をめくる段になり インパクトが大きい 鳥獣花木図屏風に採用された モザイク画法あるいは 升目描きについて 数晩肴にして自分なりに纏まりました.

現在、枡目/モザイク画作品は樹花鳥獣図屏風/鳥獣草花図屏風(六曲一双)と釈迦十六羅漢図屏風(八曲一隻)/白象群獣図(掛軸)の計四 点が報告 されています.が、
若冲の真筆は《白象群獣図》だけです。静岡県美術館所蔵《樹花鳥獣図屏風》やプライスコレクション《鳥獣草花図扉風》は無署名無落款です。若冲画による根拠はそう伝承されてきたにすぎません.仁行寺(じんぎょうじ)の花卉図天井画は後述します.

升目描き/モザイク画の採用は 以下 引用の学部卒業論文(!)より 京都西陣織り製作の際の下絵である正絵(しょうえ)にインスパイアされたのではないか,との現在見解が有力です.

http://www.kanazawa-bidai.ac.jp/index/99book/aes/aes_02.html

これはこれで説得力がある見解なのです.たとえば乗興舟の択版画では グラデーションを演出するのに 友禅染めの技法を参考にしたのだから 今度は 西陣の方眼を採用した.... 伊藤若冲は絵画の技法のみならず京都の伝統的な染物 縫製にも注目していたと伊藤若冲の観察の懐の深さに触れるのが自然な流れですが.......

注目したのは 伊藤若冲は モザイク あるいは マトリックス (以下 行列)をキチンと縁取って他のモザイクと隔離して輪郭として扱っている点で 西陣の縦横の細い方眼/グリッド線との違いがあると思います.言い換えると,単なる均一的な格子ではなく,一定の空間を有する場としてまず置いて,その内部の詳細は全体の構図の中で決定される方針の下に支配される部分です.行列の形式を採用した仁行寺(じんぎょうじ)の花卉図天井画にも各コマには縁取りが施されています.構図的には各コマが並列 独立 平等である点の
表象ともこの縁取りは捉えられますが....

ところで 鳥獣花木図屏風を観た直後感じる一つに手法の斬新性に眼を見張った後に,
紫陽花双鶏図等で感じた描写の緻密さ 色彩の豊かさは 感じられない点が挙げられます.今にも雄叫びをあげそうな鶏に比較して 各動物は存在しているだけ,とも云えます.
研究者の間では こういう点に注目して 鳥獣花木図屏風の真贋が論争にまで発展して 所有者から出入り禁止になる学者も出てきており話は穏やかではありません.

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E8%8B%A5%E5%86%B2

鳥獣花木図屏風の真贋について 参照
そこで,「彩色論理を全く無視した悪い意味での図案化・装飾化が見られる」との指摘と第一に指摘した行列が単なる細いグリッド線ではない当方の印象との関連があるのかが続いて当方の酒の肴になりました.以下はその2に譲ります.

前の10件 | 次の10件 Des notes sans fin φ(。。) ブログトップ