So-net無料ブログ作成
Des notes sans fin φ(。。) ブログトップ
前の10件 | -

伊藤若冲« Japonismes 2018 : les âmes en résonance » ジャポニスム2018: 響きあう魂 [Des notes sans fin φ(。。)]


2017Dec. 京都での学寮部屋会では相国寺でレプリカを
一同で鑑賞しました. 食事代の精算が済んでないOhNo
氏と酸ヶ湯からの帰り道 新橋で軽く一杯やったところ
フランス パリで来年2018 動植綵絵 全30幅の展示がある情報を彼から得ました. 氏はパリに行くしか無い,とハイテンションでしたが,2020年を目処に三の丸尚蔵館の増床が計画されているのも知っているのでこれだけの目的で渡仏するのには少々二の足を踏まざるを得ないのが正直な所です.......

https://www.mcjp.fr/fr/la-mcjp/japonismes-2018

https://www.mcjp.fr/fr/la-mcjp/japonismes-2018
国際交流基金/ジャポニスム事務局は、日本経済新聞社、宮内庁、パリ市立プティ・パレ美術館/パリミュゼとの共催により、展覧会「若冲―〈動植綵絵〉を中心に」を開催する運びとなりました。日仏友好160周年を機に、パリを中心にフランスで開催する大型日本文化紹介行事「ジャポニスム2018」の主要事業として企画されたもので、会期は、2018年9月中旬から10月中旬の1カ月間を予定しています。 引用元 https://www.jpf.go.jp/j/about/press/2017/033.html


天璋院篤姫の実像??? [Des notes sans fin φ(。。)]




名古屋の徳川美術館で知った新書を購入. 表のレイアウトに比較して裏は???な記述がありました.大河ドラマの元になった宮尾登美子の凜とした姫像とは筆者の見解はかなりの乖離がありそうです. 主観的な意図と客観的帰結が乖離するのが歴史だとすればその評価如何をどう導いているのか その手法に興味があります....

Les résumés par 鹿児島黎明館講座 [Des notes sans fin φ(。。)]




鹿児島の城山にある黎明館で開催された講座のレジュメを送料を負担して送ってもらいました. *小松帯刀とその時代*は現地で聴講しましたが *西郷と大奥* *薩摩藩廃仏毀釈論*は所要で鹿児島迄行けないのでレジュメの送付をお願いしました. 外国人から見るとフランス革命に象徴される西欧の市民革命は王を引きずり降ろしたのに対して 日本は逆に王政復古と云う形態を取った独自の歴史の局面が故に 明治維新を 倒幕と新政府による中央集権体制の確立という歴史をいわば連続した「帯」として捉える傾向があるように思えます. その一方
日本人は明治維新をもっぱら倒幕の局面に焦点をあて 転換期のヒーローの一挙手一投足を好む傾向にあると思います. 鹿児島の黎明館の講座はそのギャップを埋める役割を担っている貴重な場なのかもしれません. 今回入手したレジュメの中に 天璋院篤姫が江戸城の開城と徳川宗家の駿府への移封に際して薩摩藩に相当な義憤を覚えた記述があり,やっぱり事実はそうなのか,と大河ドラマとのギャップを痛感しました....

Re*:外国人から見た明治維新 [Des notes sans fin φ(。。)]


アメリカのHavardの日本の歴史専攻の期末問題 各50分 ......

日本と朝鮮半島の間には 緊密かつ複雑な歴史がある。古代から近代までの間、3つないしは4つの時代を取り上げ 「友好」と「敵対」という側面から両者の関係の変遷を説明せよ

酒肴として 総論のOutlineを練ってみました.

総論.jpg

各論については古代では任那日本府 白村江の戦い 遣隋使 遣唐使の航路が南航路になったこと中世では 倭寇 刀伊の入寇 近世では 豊臣秀吉の銃使用の文禄 慶長の役と対馬 宗家による仲介による朝鮮通信使 釜山の倭館 近代では征韓論と朝鮮半島の鎖国(海禁) ロシア南下政策への緩衝地帯としての朝鮮半島と日清戦争による冊封体制の終焉あたりは盛り込みたい事項です.

大学のTextは日本のように指導教授の著作ではなく 全米で標準的内容を網羅
している定評のあるTextを採用しているはずので時をみて入手しようと思います.


【酒肴】外国人から見た明治維新 [Des notes sans fin φ(。。)]



最近購入した明治維新150周年関連本. アーネストサトウの図説. 定価3500円のところ約1万円で購入..... 情報の一次ソースには触れられない者にとって 古文書が読めないものにとって 視点を変えてみること 外国人のフィルターを通して同じ現象をtraceすることは愉しい酒肴です.

アメリカのHarvard Univ.の日本の歴史専攻の期末問題 各50分 ......
引用元ハーバード 日本史教室 中公新書ラクレ

日本と朝鮮半島の間には 緊密かつ複雑な歴史がある。古代から近代までの間、3つないしは4つの時代を取り上げ 「友好」と「敵対」という側面から両者の関係の変遷を説明せよ

日本の歴史の転換点 1600 1868 1945の中で いずれが最も重要と考えるか。 日本の政治、社会、文化の変革に与えた影響の観点から理由を述べよ。また他の2つの年の重要性にも論述せよ。

Re*; Another Reference [Des notes sans fin φ(。。)]


旅立ち 遠い崖1 アーネスト・サトウ日記抄 (朝日文庫 (は29-1))

旅立ち 遠い崖1 アーネスト・サトウ日記抄 (朝日文庫 (は29-1))

  • 作者: 萩原 延壽
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 2007/10/10
  • メディア: 文庫



いずれ手に取ることになるであろうシリーズ. 幕末 日本語を読んで話せて書けるスキルを擁する館員が複数居たことでも驚きなのに 的確な分析を残してくれたことに素直に感謝します.ロシアの南下政策を封じる事が背後にあるにせよ.....

円山応挙についての2,3のメモ [Des notes sans fin φ(。。)]

伊藤若冲が京都の都会出身であるのに対して同時代の円山応挙は京都の外れの農村出身です.それ以外にも対照的に 職業画家であった応挙の作品の中には国宝になっているものがあるのに対して 孤高の絵師 伊藤若冲の作品の中には国宝はありません.又 伊藤若冲には数人後継者がいたそうですが 応挙には長沢蘆雪等弟子がいました.

伊藤若冲が活躍した相国寺にも応挙の作品が所蔵されており,お互いに切磋琢磨し お互いに刺激を交換したライバルの関係にあったような気がします.
ex 牡丹孔雀図 / 裏彩色有り写生を越えた緻密な筆致
  大瀑布図

又 八坂神社に奉納された 番鶏図衝立 の様に 鶏をモチーフにしたものもあります.

神道において、神の使者となり、神の真意を示すために人と接触する動物が想定されていて,神社にいる鶏は、まさに神使(しんし)に該当する,そうです となると 伊藤若冲があれだけ鶏を描いたのは神仏習合の視点だったのかもしれません.

個人的に興味があるのは同じ淀川を題材にしたこと.淀川は上洛のための交通要既述のように相国寺の大典が 対馬に以酊庵輪番制で朝鮮との外交文書の吟味するために赴任しますが、 朝鮮からの通信使は天皇への謁見のために上洛する際 淀川を上るルートを取りました.

円山応挙(1765年) は鮮やかな彩色で川を挟んで上下を反転させたのに対して 伊藤若冲の乗興舟(1967年)は択版でモノトーン 白黒を反転させた.
長さは両者とも約10メートル以上
http://www.sumitomo.or.jp/html/culja/jp0201.htm

天明の大火を受けて 円山応挙は 金剛寺に頼り そこで 群仙図(8幅掛軸) 等を残している 絶筆62歳
https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E5%86%86%E5%B1%B1%E5%BF%9C%E6%8C%99+%E7%BE%A4%E4%BB%99%E5%9B%B3#mode%3Ddetail%26index%3D16%26st%3D530.4000244140625

Re*2:A diplomat whose name is 密 徳法 [Des notes sans fin φ(。。)]




明治39年 ミットフォードはリーズデイル卿として再来日し,滞在の詳細を残しています.時代は日英同盟締結後.念願の条約改正を達成して近代日本が大国の仲間入りする前夜です.様々な回顧が記してあることが予想され,じっくり読もうと思います. アーネストサトウが 「特命全権大使」として 日本と中国に赴任して外交官としてのキャリアを積み重ねていったのに対して ミットフォードは外交官は辞退して貴族として英国王室の首席随行員として再来日を果たしたようです.

☆これで来年予定している母校での現役生徒への90分の授業の材料は揃い
ました.大学3・4年時 住んでいたところが アーネストサトウとミットフォードの
住居と近い 高輪伊皿子坂 NHK交響楽団の練習場付近だったので2重3重な意味で感慨深いです.

Re*:A diplomat whose name is 密 徳法 [Des notes sans fin φ(。。)]

https://www.amazon.com/s/ref=dp_byline_sr_ebooks_1?ie=UTF8&text=Algernon+Bertram+Freeman-Mitford&search-alias=digital-text&field-author=Algernon+Bertram+Freeman-Mitford&sort=relevancerank


AmazonのKindle版なら原書を安く購入できそうです. 驚いたことに Tale of old Japan の初版は1871 ということは日本滞在中に殆ど執筆したことになります.....
追記として,
*筆者の第一外国語はMandarin 北京公使館を経て日本に着任
*公家がおしなべて若くして亡くなっている原因は 深窓な生活に加えて 血統を守るための近親婚が挙げられている.公家の娘と結婚した徳川将軍の夭折もこれに関係ある.
*切腹は武士の誇りの拠り所との指摘がある.廃刀令とともに切腹はもはや許されなくなった. ex)佐賀の乱を首謀した 元司法卿 江藤新平は斬首刑
*日英同盟締結後の再来日後日本から勲一等の叙勲を受けている

A diplomat whose name is 密徳法 [Des notes sans fin φ(。。)]



とりあえずざっと読みました. 1866から僅か4年間日本に駐在した英国外交官の回顧録.
一言でいうなら圧巻の内容です. アマゾンのレビューによれば アーネストサトウの一外交官が見た明治維新と重なる部分がある,補完的との評価がありますが,私的には 同僚ないしは上席としてそれだけ共有した経験が印象的であったにすぎない. むしろ本作は著者自身の独自な視点で鮮やかに日本の近代への歩みを綴っている,と思います.
愕いたの日本の歴史文化への深い造詣. 加賀藩への視察で浜辺の風景を見て 歌仙 在原業平の兄の須磨での故事を引用し比喩する腕力は並な日本人では到底できない芸当........能 日本書紀 源氏 平家への言及 正に 蘊奥を極めています......

40年後 日英同盟締結後に再来日を果たした際の回想録があるのでそちらも読もうと思います.読了後気づいた点を残します.

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%97%A5%E8%A8%98-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E5%AD%A6%E8%A1%93%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%83%BBB%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89/dp/4061594745/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1506247438&sr=8-2&keywords=%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89

*著者 A.B ミットフォードは 土佐藩との交流が主の印象. アーネストサトウは薩摩藩担当か?首席書記官は 恐らくは長州藩担当だったのかもしれない.日本語が出来なくとも英国留学帰りの伊藤博文が長州にはいる. 英国公使館の陣容は想像以上に厚かった.

*大政奉還後 徳川慶喜の巻き返しに対して 岩倉具視からの密勅を生かすべく
狙っていた薩摩藩は天璋院を誘拐すべく外観で江戸城に火を放ち,その報復に薩摩藩邸が放火された,この情報を著者はきちんと当時把握していた.(これが官軍/武力による倒幕の口実となる)

*版籍奉還の主導は 土佐の山内容堂によってなされた

*1869年 早くも英国のエジンバラ卿が来日している. 日英外交を正常なものにしようとする象徴.

* 40年後 再来日の際 最後の将軍徳川慶喜との再会があった....

*薩摩にも脱藩者がいた.中井弘蔵.土佐藩が庇護. パークス公使が明治天皇に謁見する際攘夷の暴徒に狙われた際 身をもって擁護. 後に英国王室より表彰される.

*著者は会話だけでなく日本語を読み書き出来た.(驚愕)明治新政府が取り込んだ課題を太政官日誌を入手参照して英訳している..... 

etc.,
前の10件 | - Des notes sans fin φ(。。) ブログトップ