So-net無料ブログ作成
検索選択

2017 FEB Sydney Australia Digest 02 [Digest]




Main BGM/Kamome Sano/Blue Sky

2017 FEB Sydney滞在は 3泊4日 後半は オペラハウスが中心. ガイド付きツアーは 英語/日本語では 英語は 3つの建物/ホール全て見学できるのに対して 日本語ツアーはオーケストラピットのある オペラ仕様のホールのみ...... 19歳の時は
ここでクラシック おそらく ボストンフィルのコンサートを初観覧して 演奏が終わると
床を足でダンダンと踏みならす*作法*を初めて知りました. 今回は 建設にまつわる
エピソードを中心に聴きました. 驚いたことに 北欧の建築家は 建設途上で
シドニーを去り それ以降一度もシドニーの地に足をいれていないこと......のみならず
オペラハウスの世界遺産認定の祝賀会にも欠席する徹底ぶり..... 推測するにデザイン的なConceptと着手した建物の実像が微妙に乖離していった...,施主のNSW州とのコミュニケーションがうまくいかなった,建築費用が当初の予算の約20倍近くに膨らんだことに対する世論の動向に建築家として左右されたくなかった etc.,.........
Kraftwerkがここで演奏することを知った時 再訪問を検討しましたが, 1日2回の
ダブルヘッダーの編成のため断念しました. 地下鉄が出来て サーキラーズキイ からChina Townまで Door To Doorで約20分なので ランチは八樂居に通いました.
飲茶のみならず ローストもの 蟹もワゴンで運行されるのは 台北のCさん曰く
昔ながらのスタイルだそうです. 最終日は A$ 30ぐらいのマイタンになり ちょっと現地レベルでは考えられない出費となりました....Sydneyには 再訪問したいのですが
ネックは 宿泊費......2/3 泊目のラウンジアクセス付きの部屋で 約A$1100となりました. 立地 眺望 プール コンセルジュサービス ラウンジでの朝食 カクテルタイム等を考えると致し方ないとは思います.

2017 FEB Sydney Australia Digest01 Long [Digest]




シドニーは マンダリンの表音で 悉尼と表記します. アメリカ合衆国は美國と表記
し 表音と表記に全く関連が無い訳ではない,と承知しています.が, シドニーの ことごとく尼が具体的に何を表象しているのかはネイテイブの方に聴いてみる他ありません.
Melbourneから移動で到着した初日はチャイナタウンを徘徊するに止め 2日目は
19歳の時 足を運んだ箇所に加えて シドニーオリンピックプールで夕方旅先スイムを敢行.本格的な競泳用のプールを初めて体験しました. 快適度は 普段通っているプールの方が正直なところ数段快適. 海水を注入しているので痛みが随所に見られ 水温も均一ではなく水深の深い折り返し前後7メートルぐらいは冷たくペースが乱れました. 更衣室 シャワーに至ってはここで本当にオリンピックが執り行われたのだろうか?的なグレード....マナー面ではキャップを被らない方も散見され 中にはシュノーケル着用の方もいて驚きました.事前に中心部の交通のボトルネックを解消するように近郊へはferryが交通の一翼を担うようになっていることは調べておきました.が、... Double Bay迄僅か十数分の所要時間の短さには脱帽です......但し, 乗客は まばらで 経営的には ???なのかもしれません. Suicaの様な カードOpal Cardは 一日約7,50ドルの利用を超えるとそれ以上の賦課は見送られるようです.... Sydneyのホテル宿泊代金は高く 1泊目はSPGのポイントで無料宿泊を選択し, 2/3泊目は思い切って*奮発*しました.....

2017 FEB Melbourne Australia Digest Long [Digest]




BGM/Kamome Sano/ Title Unknown found at ニコニコ動画

BGMに合わせて 尺の長い スライドショーは 2017 FEB Melbourne. 僅か
2泊3日の滞在...... (ちなみに 初めて入手したPassPortによれば 19の時は
2/16 出国 2/17 Sydney In 3/14 Melbourn Out 3/15帰国の記録が残ってました......)
19歳訪問時は ここメルボルンに3/4泊して シンガポールにトランジット泊して帰国しました.市内のトラムは中心部は無料のサービス. それだけ郊外に人や物流が流失しているのだと思います. 初訪問時に宿泊したのは 旧監獄の近くでした. 道理で当時 殺風景な界隈だった訳です. メインは郊外のフィリップ島でのペンギンパレード観覧.....
VIPコースに申し込んだら 学芸員にみっちり1時間 保護の現状と課題についての
レクチャーを受け 参加者との質疑に巻き込まれてしまいました.......お陰で 軽食を取る
チャンスを逸してしまう羽目に......19歳での初訪問同様にトランクのキャスターを一つ
失いました... が,カンタス航空のカウンターの名フォローで復路は ビニールラップで
Fragileしかもビジネスクラス扱いでシドニー到着後一番に出てきました....

2016 Jan. 上洛2日目 最終日 Digest [Digest]



2日目/最終日のハイライトは 京都国立博物館での伊藤若冲生誕300周年展示
開館前 若干の列が出来ましたが入館まで5分もかかりませんでした.
本邦初公開は 六歌仙図押絵貼屏風 在原業平の凜々しさと小野妹子の奥ゆかしさの描写は流石. 1927年以来89年ぶりの展示は 垣豆群虫図. 近年発見され初公開は大根に鶏図.蝦蟇(ガマ)河豚相撲図は注釈が不要の一幅. 関連展示に長山孔寅の群鶏図屏風は明らかに伊藤若冲の影響が伺え, 明に渡った雪舟が一時期相国寺に在籍していたのも興味深い事実でした. 今回スナップショットは Canonのコンデジではなく全てiphone7Plusを使用しました. 北に行くことを*上がる* 南に行くことを*下る*の他に 東西に行くことを*入る*という言いまわしを今回初めて知りました........

2017 Jan. 上洛初日 Digest [Digest]




2017 Jan. 上洛初日のハイライトは 川島織物セルコン織物文化特別展.
1904年 セントルイスでの博覧会に西陣織りのタピストリー(壁掛)のモチーフに
伊藤若冲の動植綵絵からセレクトして出展した概略を明らかにしたものです.
実物そのものの展示はありませんでしたが 出展に際してのBackgroundの説明はありました. 明治以降の西陣織りの再復興と伊藤若冲が軌を一つにしたエピソードとして文句なしに美談だと思います.
尚,壁掛に向いた作品を十数点選び 模写の許可を得る手続きも必要で 模写に1幅 
約一月 一作に3-5か月の時間を要したそうです. 

川島織物は 生誕300周年に際して 長刀鉾の見返り幕を作成したそうです.

さて,その後は プールで一泳ぎし 河原町に足を運んだのですが 年始3連休後で 訪問した店はことごとく お休み.... 仕方なく 近江屋跡地の
回転寿司で軽く済ませて 〆の麺は定休日の張り紙に遭遇して 結局 前回のお店 たか松に立ち寄ることになりました.........

2016 Dec. 京都で学寮 部屋会 2日目 [Digest]




午前3時まで続いた宴の翌日 高知のコンツエルン総裁は6時半に起床して鴨川沿いを朝ラン 拙は ホテル敷設のプールでスイム. 8時から予定した朝食前に 急遽 大阪での
アポが早まったため 高知の総裁はここで離脱. 残った3名で 蹴上インクラインを下り
京都市美術館へ. 果蔬涅槃図涅槃図 百犬図  樹花鳥獣図屏風 は初見 圧巻は 布袋図(前回11月訪問時スキップ発覚) この一幅には参りました.石灯篭図屏風の点描も鮮やかでした. 昨日の相国寺の華やかな色彩に比較して 地味な作品が多く 京都駅で
開催されていた伊藤若冲 生誕300周年のミニ展示を発見して これで済ましても
良かったかな、の声も挙がりました.  さて京都国立博物館 相国寺での新展示の情報も
耳に入る中 いつ単独で再訪したものか思案の案件がまた一つ増えました. 

2016 Nov 上洛 2日目 最終日 [Digest]




上洛2日目 最終日のメインは京都市美術館. その前に 12月に予定している旧友との
邂逅のための下見で 京都五山 別格 南禅寺と永観堂へのアクセスをチェック..
途上 昨日観た 池辺郡虫図(丹青活手妙通神の落款有り)の構図に似た場面にも遭遇して満足.. 昔 舟を運んだ蹴上インクライン跡もチェックしました. 京都市美術館はJAFのカードを提示すると 前売と同じ料金...会場がコンパクトなせいか 地味な陳列の印象が残りました.近隣の細見美術館の銘画との再会を今回果たしました. 軽く昼食を済ませホテルのプールで一泳ぎして 離京となりました. もう一日滞在できると色々周遊できるのですが.......

2016 Nov 上洛初日02 [Digest]




高瀬川沿いを歩いていくと 京都随一の繁華街 川原町に辿りつきます.
2、3お土産屋さん等を覗いて 伊藤若冲 ゆかりの地 錦市場に足を運びます.
生誕300年ということもあり 若冲一色の演出です. お店のシャッターにも
著名な絵でデコレーションが施されてます. 残念なのは 店頭にゴミが夜間
放置されていること. 美観を損なうことは甚大なので どうにかした方がよろしいと思います...... つけ麺を戴いたので 2条城近くのホテルまでさらに歩くことにしました.

2016 Nov 上洛初日01 [Digest]



2016 11月 上楽初日 その1 羽田⇒伊丹 静岡 御前崎 手前から晴間が出てきてました. A席からは 前方後円墳 大阪城等が見下ろせます. 新大阪で台北のCさん依頼事を済ませ 京都には 新幹線で一駅乗り 約1500円. ホテルに荷を置いて 先ずは同志社大学隣 相国事承天閣美術館で レプリカ 全幅の鑑賞. いつも 人まばらな処ですが
下足棚はほぼ8割 埋まっていて 第一展覧室は ほぼ満員でした. レプリカですが全幅
展示は凄い迫力です. 夕食は 先斗町(ポントちょう)で 12月予定している旧友との
会食の下見. アラカルトで2軒に入店して寿司と洋食ぽいものを注文してみましたが コストパフォーマンスは芳しくありません. 京都は観光地. 湯豆腐や お粥定食で 3000-5000の値が付いてしまう処なので やはり下調べは肝心です... 高瀬川沿いを歩いて川原町に向かいました.

※ 鴨川と高瀬川に囲まれた先斗町は 池田屋騒動(尊王攘夷派によるクーデーターを新撰組が察知し鎮圧した騒動)の舞台になった処で土佐藩藩邸 坂本龍馬の潜伏居等があったそうです.地図には 中岡慎太郎 坂本龍馬が暗殺された箇所の指摘もあります。

2016 Jul. 上洛 2日目 最終日 02 [Digest]




最後の鼠婚礼図に伊藤若冲の懐の深さ ユーモアのセンスを感じた
細見美術館での観覧後 周辺を散策して ランチ ランチ後 南禅寺に寄って
伊丹空港へ. 羽田までは慌しい初F搭乗.。

帰宅後 京都では 様々な workshopが開催されていたことが判明しました.
乗興図の例が顕著ですが 円山応挙の淀川下りの絵を描かなかったら, 伊藤若冲はあの白黒を反転させた木版画を製作しなかっただろうし 一通り鑑賞した後は 相対化する作業が不可欠だと思います.その意味で過去のWorkShopは興味深いです.

http://www.kyoto-artculture.com/workshop/