So-net無料ブログ作成
business tip & pitfall ブログトップ
前の10件 | -

Safeguard over Assets [business tip & pitfall]

大手教育事業の顧客情報の漏洩は 門外不出の機密の取り扱いと同時に資産の保全の問題としてアプローチできる問題だと思います.



顧客に関する情報は紛れもなく企業の資産です.よって、その保全のためには アクセスは制限されるべきで、アクセスに関するErrors / Irregularities は 予防され、タイムリーに発見され,そして修正されるべきです.情報の暗号化も情報=資産の視点から今後一層課題になるのでしょう.

さて,大手企業でさえ情報が流出するのですから, 日常何気なく記入している サイトの登録やポイントカード発行の際には今後一層注意を払う必要がありそうです.preventive/detective/corrective のうち 最大の防御はやはり事前予防です.

以下ちょっと思いついた事を2,3列挙します.

*クレジットカード等情報の漏洩に備えて
    @ カードは ショッピングプロテクトの補償が付帯しているものにする
    @ キャッシングの枠は予め0にしておく
    @ ネットバンキングはその都度 暗証番号が発行される銀行に変える
    ---
*不要なSPAM MAIL やDM/勧誘電話を避けるために
    @「メールエイリアス」を徹底する
    @ 必須項目以外のことは記入しない
    @ 住所は居住場所以外の連絡先にする ex実家
@ 固定電話の番号は極力記入をしない 携帯は予備の携帯の番号にする
    @ 家族の名前は場合によっては,ひらがなに変える
    @直接の訪問勧誘には多忙でアシライ 限度を越える際には毅然した態度で退去
     を求める 相手の名刺は求める.が,交換は絶対にしない.

  etc.,  

火災保険/保険差益 [business tip & pitfall]

IMG_6231.jpg

母親が住んでいる実家の雪害の保険金の振込みがありました. 現地の実況見分には立会いませんでしたが、業者が提出した見積もりを上回る金額であることが判明しました. 雨樋の材質が銅だったことが保険金に上乗せされたのだと思います.保険は云うまでも無く《転ばぬ先の杖》 必要なところにはケチらずカバーしておきたいものです.

実際に工事を依頼する業者にもよるのでしょうが、いわゆる《保険差益》が生じるでしょう. が、所詮は自分の努力とは関係ないところで得た、利得.できるだけ、黒柳徹子さん、足長育英会、国境無き医師団に寄付する所存です.

Tax return [business tip & pitfall]


ようやく税金の申告を済ませました. ここ数年は流氷を観にいく前に済ませるのですが、
今年から法人復興税が賦課されたり、申告書作成の際、照会する月別資料のフォーマットを変えてみたり、税務署に足を運んで《指導》をお願いしたり時間がかかりました.
会計主体論、誰が1年の経営成績を計算するか、の前提に、法人と個人の家計の区別/分離
があります. よって、国税レベルでは、ワタシの場合法人税と個人所得税の確定申告の2つの申告が必要になります. 実態は自営業の法人成りですが......

1100cbCOMIC-romney-tax-return.jpg

友人の中にはI社長のように、納税が趣味という方もいますが、少なく済むのならそれに越したことは無い、というのが人情です. では、経費を積みまして、たとえば旅費や会食を費用化、赤字にしてしまえばよいのではないか?となると、そうではないです.法人税の申告上、税金の算出自体そんなに面倒ではありません. 面倒なのは、別表と呼ばれるbreakdown/明細の作成です. 赤字になると別表の作成数が増え、別の別表と微妙に数字が絡み、次年度にも欄を変えて記載が必要になる場合もあり 一言でいって厄介です. 加えて同時に提出する法人概況票には、収益/費用の月別明細のみならず、前年度の実績数値の記入欄があり、意図的な赤字誘導はここで見抜かれ「るはずです」ます. TKC等のCMのいう「黒字」経営が推奨される一因はここにあります.

では何故 面倒な法人税を申告するかは、以下にヒントがあります. おとこはつらいよに
登場するたこ社長も法人成りの節税の恩恵を享受しているわけです.



「超」納税法 (新潮文庫)

「超」納税法 (新潮文庫)

  • 作者: 野口 悠紀雄
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2004/08
  • メディア: 文庫



農地賃貸借契約解約許可申請 取下。 [business tip & pitfall]

残念ですが、4月以来懸案の件につき、申請を取下げることにしました。経緯については、未だデリケート
な面があるので伏せます。 本当に、T.P.P. 参加するんですか? 現在の農地法の運用で、が捨て台詞
でしょうか。 旧借地借家法もエグイですが、農地法は、”地主”には絶対的不利です。 

※申請を取下げは諦めたのでは無く、次の機会に 行政から”門前払い”されることを避けるためです。

調停前置のリストで削除されていた動画が再アップされていたので貼り付けておきます。


石州瓦のリサイクル [business tip & pitfall]


今回の山陰路をキッカケにこのブツを知り、サンプルを取り寄せました。

IMG_2500.jpg

いわゆる仕損品のリサイクルです。目的は実家@山梨の防草シートの押さえです。
本来は、レッドユーカリチップあたりいが見栄えがよいのでしょうが、面積が
広いので予算的にも、入手難易度からも現実的ではありません。

ユーカリウッドチップ(オーストラリア限定) - 案件詳細 - 引き合い案件データベース(TTPP) - ジェトロ

石州瓦のリサイクルは、宍道湖の水質改善にも期待されているそうです。

石州瓦の丸惣、規格外の瓦を水質浄化に活用 :日本経済新聞

Import A.S. from La [business tip & pitfall]

酔漢の戯言で終わるかもしれないprojectのソロバン手習いの第一弾。
アメリカのロス ロングビーチ港持込条件での横浜港渡しの費用の見積もりを
大手運送から取ってみました。大手とはロサンゼルスと横浜双方の港に事務所がある条件です。

横幅が通常のコンテナでは収まらないことを考えて(10中8,9アウト)フラットコンテナでの船積条件です。

船賃: US$3000
アメリカ税関費用:S$300
BAF: 船賃の20パーセント 毎月変動
+保険 etc.,

横浜通関
税関検査時倉庫使用料2500+横浜港使用料381(Safari 58,220 ㎥)+D/O Fee 5000
+通関費用11800+輸入取扱料金15000 ≒35000

+関税

問題なのは、横浜港からの配達料金。見積もりでは約20万円。アメリカから日本への船賃
と比較してここは高めの設定です。

※ 見積もり担当者の費目チェックに漏れがあるかもしれません。





すむばらしい! でも内装の基本はボンド+フィニッシュ(細い針)
で木を止めてビス打ちできるようにすることの印象
が強い。角のRを生かすのが肝。設備の配置と設計も含めて相当な知識がレストアには必要
のようだ。



両替@USドル [business tip & pitfall]


行く予定があるのなら、さっさと済ませるべき、ドルへの両替を$=81円になる前にしました。両替手数料が一番安いのは、マネーパートナーズ。しかも、成田空港での手渡しが選択可能です。手数料は、相場+20銭と手数料500円。数千ドルの両替ですが、助かります。成田受け渡しに要するリードタイムは2週間。急な出張等には対応できません。

マネーパートナーズ口座+必要額入金が前提になります。

具体的な手順。

FX 外貨両替 TV番組 ワールドビジネスサテライト マネーパートナーズ 成田受取 京成たびるーむ

調停前置 [business tip & pitfall]

”法律構成”が概ねOKなら まどろっこしい、ことをしないで、いきなり裁判で勝負すれば良いのでは? との疑問がでます。が、世の中、デリケートなことは、本人、当事者同士、よく話し合ってからにしては、との知恵も用意されているようです。 事例として、離婚、相続等、民法親族編に属する事柄、そして、今回の争点、農事に関することは、「調停」の場を踏まえないと、次のステップに進めないことになっています。

更新がままならないので、、、Youtubeのお気に入りを貼ってお茶を
濁しませう。




地震保険 [business tip & pitfall]


今日、保険会社から地震保険の振込みがありました。保険対象は、山梨の母宅。昨年9月クルマの保険更新の際、母宅も火災保険に入るように勧められて、(3つ以上の保険に加入すると割引が大きくなる)、東北地方の保険支払いが一段落したのかどうかわかりませんが、実地調査が入り、通風孔の基礎部分に斜めにクラックが認められ、評価額の5%の支払いを受けました。3並びの半額程度ですが、これは明らかに"利得"です。マイル寄付の際に土壇場で覚えた躊躇も無いので、全額 育英会に譲渡します。

※ 地震保険の支払いは、実害に対する補償ではなく、見舞金に近い
   との説明を受けました。

農地01: 農地における物権的請求権行使の一事例 [business tip & pitfall]

※ JALのJGCステイタスホルダーの友人Nの”こうゆうネタを載せろよ”との発言を思い出しUPしました。 以下 長文です。


亡父が伯母と二等親以内の親族の間に養子縁組をし、亡くなる順番が想定の逆になったため、私にも相続権が生じ、山梨の農地を二筆ほど相続しました。一つは、宅地転用できない場所にあり、賃借人(小作人)がいない FREEな畑。もう一つは、宅地転用が可能な場所にあり、賃借人(小作人)がいる 畑。です。前者の畑は、菜園として、近所の方に主に夏野菜を栽培してもらい、地代代わりに届く野菜で季節の味覚を愉しませてもらってます。その一方、後者は、昭和28年施行の農地法以前からの”小作”と”地主”の関係が継続しており、問題も数々起きる頭痛の種の畑です。現在進行形のトラブルは解決した後に備忘録としてUPするか決めるにして、畑を相続した当時に発見したトラブルはこうです。

地主が同じ A/Bという隣接した畑で、Bの賃借人甲が(Aの賃借人乙との間で土地を融通する約束をし、)甲が自分が借りている土地Bより広いビニールハウスを建て、その結果土地Aの土地を法律上の原因無しに50平米を占有している。 地主の死亡によりA/Bの所有者が別々になった為、土地Aの新所有者が甲に、50平米のビニールハウスの撤去を求めた。


IMG_1844.jpg

土地Bを相続した私は、まず法務局で公図を入手して、隣接地との境界が正しいが確かめました。尚、マンション、宅地等を入手する際には事前に、部屋の垂直、水平等が保たれているが、自前で検査するのが常識でしょうが、土地も隣接地との境界を確認するのが好ましいのは言うまでもありません。

新築マンション内覧会立会い・同行:さくら事務の新築マンション内覧会立会い・同行所

現地の境界が公図の形状と異なっていることを発見しました。さて、ブツを退けろと請求する為には、客観的な証拠が必要です。畑の所在している市役所に問い合わせると地籍調査をした測量会社を教えてくれました。相談すると、実際の面積を求積する測量のほかに、登記簿の基礎になった地籍調査の測量ポイントを洗い出して、相手方の不法占有面積を間接的に出す簡便なやり方があるとの返事をもらいました。現地で簡単な調査をしてもらい、見積書を送ってもらいます。 測量ポイントの洗出しと相手方のポイントが一致したため、金額はなんと3万円で済みました。

IMG_1845.jpg

証拠が整い、相手方に内容証明を送り、自発的な撤去を促します。市役所に問い合わると、地籍調査の際、甲は地域推進委員として、地籍調査の立会人になっていたことが判明しました。本来の境界線の基点を認識していたことになります。この内容も内容証明郵便の内容に加えました。向こう方も当然ながら抵抗をみせ、畑の所在する市役所の農業委員会に調停を申立ました。(厄介で理不尽な調停は中略)結局、事が打開されたのは、当方所有畑Aの賃借人乙の死亡により丙が賃借権を相続し、丙が甲に苦情を申立たことがキッカケでした。紆余曲折を経てビニールハウスは無事撤去されました。これは数年前のことです。この後、当方と丙との間で新しい紛争が新たに生じるとは思いもしませんでした。 農地に関わる紛争は、"独立した”司法の場、裁判所に直接、直ちに訴えることが出来ません。また、農地の売買等、農地に関わる全てのことは所在地の農業委員会の許可が必要です。さらに、農地法施行以前の地主-小作人の関係が承継継続されている農地では圧倒的に地主が不利です。農業に従事されてない方が相続等で農地に関わる際には、適用される法令や賃借人の意向等十分に注意する必要があります。 


コメント(0) 
前の10件 | - business tip & pitfall ブログトップ