So-net無料ブログ作成
検索選択
旅先グルマン ブログトップ
前の10件 | 次の10件

2016 Sep. Brunch&Dinner @ San Diego vol.01  [旅先グルマン]

.

LaxのHiltonでJにピックアップしてもらい San Diegoへ. 早めの夕食は16;00-19;00まで各レストランがやっているHappy Hourというサービス. ホテル周辺のガスランプ
の Spike Africa カクテル各種 $ 5,00 料理もリストプライスの60%に. とは云え,メニューをみてもイマイチ判らない...... ドリンクは マルガリータとマティニ 料理は
アボガドディップにNew England つまりボストン風クラムチャウダー Jはカクテルシュリンプ...... 翌日のブランチではJはWeekEndだからと ウオッカベースのカクテル お店からは チェイサーとしてビールのサービス. ここでも又メニューをみてもよくわからないので Old Americanなるものを注文. スクランブルエッグとポテトとベーコンが大盛りの大あ味なシロモノ...... Jが追加注文したドーナツも一口サイズと思いきや結構大きく メニューの1/3の数量にして正解でした.今回は お店のサービスの云うポーション 盛の大きさに比べて実際に運ばれてくる実物が想像以上に大きかった印象です. ここは Happy Hourからは French Style 店の名前は Courrant. 食後の腹こなしは 退役した空母 Midwayの見学. 空母はもちろんのこと 空母から見える Unconditional Surrender (By Japanese)像は想像以上に大きかったです. 

2016 Sep. Catering Services on flight JL02 [旅先グルマン]




何から備忘録を記すか迷うところですが無難なところから. Jのお蔭か こちらの意向が
反映したのか 今回 2016 Sep. 北米西海岸では ハンバーガーは一度も口にすることは
ありませでした. 区切りのために 往路の機内食等...... 夜中の12時出発の深夜便なので機内に搭乗する前に夕食は済ませておきます. ラウンジの食事には期待していないので空港内の寿司幸を選択. 機内に足を入れてしまえば 後は 手っ取り早く 横になって就寝を取る事に専念します. 偏西風に乗り 定刻 1時間も早く SFOに着陸.
乗り継ぎターミナルに移動して 一つ早い便への振替を交渉しOK. baggage claimの
tagも取り替えてもらいます. この日はHarvest Moon 15夜の満月でした..

2016 Apr 食在台北02 通算15 [旅先グルマン]




台北 天母でサンプル購入にCさんの同行してもらい ランチは飲茶を予定してましたが,予約が一杯で変更.  鼎泰豐(ディンタイフォン)の提案は 即却下. とりあえず
ローストダックを食べて 牛肉麺に落ち着くも 牛肉麺のお店が遠いので やはり小籠包に. 定番ですが スープも注文しました. ランチ後 温泉にでも送っていこうか?の提案も却下. 誠品書店がある松山文創園区に... まあ東急ハンズ的なのですが,法律が違うので本屋さんの中にカフェが幾つもありこれが新鮮でした. 夕食はCさん 開拓店. MRT
石牌駅 すぐの海鮮料理店. 炒麺が麺切れのため 台湾で初チャーハンを口にすることになりました. 蝦も安いしビールも80元. 隣の大学生グループを観ているとどうも白飯は
無料のようで 皆5杯もおかわりしていました. CさんもCP値が高いと満足. 最終日
ランチは ガチョウの阿城. 定番の筍 腸詰に加えて 手羽先≒翼と台湾式フォアグラも今回初トライ. ガチョウの確保を誇る阿城でも今回は燻的しかありませんでした. 腿の部分を3人前. Cさんのご好意でビールを1本戴きました. こんなランチなので機内食はスキップしました.

2016 Apr 食在台北01通算14 [旅先グルマン]




※ 冒頭 高雄での 蝦/1日目夕食 蝦180元 ビール80 小籠包/2日目朝食 40 飲茶/2日目 ランチ 400 が含まれてます.

高雄でCさんに頼まれたことは2つ. レンタル自転車に乗らないこと. 水道水を飲まないこと. 従って,かき氷の類もNG. 自転車の運転は 現地に足を踏み入れてすぐに判りました. 軒下も台北のように歩行者のスペースが確保されておらず あたかも私有地のように占有されているのが殆どで 歩行者は車道を歩かざるを得ないです. そのかわり タクシーの初乗りが85元と台北より廉価なので気楽に利用できます.

台北に戻り 高雄 旗津で 肩透かしを食らった海鮮をリクエスト. 地鶏はCさん一家のお気に入り. 揚げた蝦は尻尾以外殻ごと全部頂きます. 小振りな牡蠣 ミルクフィッシュの薬味は九層塔バジルに種のある樹子 冬瓜とスペアリブのスープ ビールは少々高く 1瓶 100元. 持ち帰った 名刺によると,故宮博物館に近い 吉祥小館というお店でした. どちらかと云うと ビールよりも ご飯のお供的盛と味付けでした. 士林の夜市で 焼き小籠包を買って天母の常宿に戻りました. 


2016 Mar. Dinner&飲茶 香港02 [旅先グルマン]



到着日 一食目の酔鶏鍋がイマイチだったので 保守的になり 潮州料理でも無難な線に.ガチョウは八角や陳皮などのスパイスと醤油ベースのタレに漬け込みローストしたもの.スープは魚のつみれに漬物をスープで戻したもの ビール大瓶に お粥で香港ドル300.ガチョウは 腿から下をワンクオーター 1/4 を注文. 食べ切で 1/8の交渉をしようかと思いましたが どうせまたホテルに戻って一杯やるのだから そのアテに持ち帰ればと注文...台湾ではガチョウは燻製にするかタレに漬け込んで蒸すの2択ですが, 香港風というか潮州流のローストも皮がパリパリのクリスピーでいけました. ガチョウが少々油っぽいので魚と漬物のスープがさっぱりしていて取り合わせは悪くなかった印象です. お隣の地元の方もこれを見て追加注文していました. このお店では英語が通じます.

 翌朝 飲茶は 蓮香居に再び. ボリュームがあるので敬遠していた 腸粉についに手が出てしまいました.... 持ち合わせの黒酢でさっぱり戴き もう一品は 蝦と豚肉の湯葉包み蒸しシューマイ. ちょっと辛そうなソース掛け. マイタンはHK$62. 

朝食後の腹ごなしの散歩の〆は 亀苓膏(きれいこう、中国語:グイリンガオguīlínggāo)膏(ゼリー)はなかったので茶で済ませました. 苦いのは折込済みでしたが 予想以上の苦さに参りました. 正直デフォルトでは厳しいのでかなり希釈して薄めないと飲用できないです. 

予め調べていた情報に加え現地のレストランの店頭での誘因ポスターも気になりなりました. 外食が当たり前の香港ではレストラン間の競争は烈しいようです. ローストピジョン 25ドル以下は正直驚きました.... 明らかにワンタン麺一椀以下の価格設定です.... 又 ワインを揃えるお店も何軒か見かけましたが東京の方がリーズナブルな感触です.

2016 Mar.  飲茶,Lunch, &Dinner in 香港01 [旅先グルマン]




旅程は2泊3日 食事は合計6回 朝食は ホテルの傍の 蓮香居. 客席の間をワゴンが
練り歩く伝統的なスタイル. ここで2回飲茶することは予め既定にしました.
(ホテルまで到着するのに手間取り 少々出鼻をクジカレ) 
荷物を置いて MTRで旺角へ.
地下鉄出口A2から歩いてワンブロックの老火鍋. 薬膳水魚鍋(薬膳すっぽん鍋)を注文したところ NG 没有. 仕方無いので次善の紹興酒 酔鶏鍋とビールを注文. That:s allと付け加えると マネージャらしき方がやってきて 本当にそれだけなのか?と訊くので そうだと繰り返すと 牛肉やら蝦やら魚の団子等をしきりに勧めてくるので 仕方無いので 無難なキクラゲだけ追加注文.灰汁取り等はサービスでやってくれましたが ベースのスープに明らかに甘味料が入っていてイマイチの印象. 薬味は手を出すと追加料金を取られるので早々に隅に追いやりました. HK$150. 20時のビクトリア湾のショーは ワンチャイ迄のスターフェリー船上で. 翌日 飛行機の往来がありショー自身がキャンセルになったので今回はこれで見納めになりました.
セントラルに戻り チェックしていたお店の前を素通り... 中環と上環の中間あたりの
Social Palaceで 食用小鳩のローストと野菜とビールを注文. 鳩トーストは開店一周年で
お値打ち価格.他の品は少々値が張る印象です. お茶代もしっかり取っていますが 次回の来店時に$50のクーポンが付いてました. 翌朝の飲茶は7時に着店. サーメイ茶を頼んでワゴンが来るのを待ちます. この日は 中点のシュウマイと大点の湯葉のシイタケ,スぺリリブ,魚の浮き袋の包み蒸し で$60. 特に湯葉の包み蒸し文句なしの一品でした. 一端 ホテルに戻り 再度中環まで皇后大道を散策. LandmarkのTasselで靴の試着等をして お昼は ローストガチョウ乗せスープビーフン $48.場所柄仕方の無い値段なんでしょうが 朝の飲茶程の満足度はありません. 加えて愛想の無さは特筆すべきでしょう. 台北でもそうなんでしょうがミシュランのローカル評価は眉唾の印象が残ります. 腹ごなしにまた上環まで戻りホテルで一息入れました.

今回の印象では 香港島に宿泊するのであれば 食事のために九龍側にわたる必要性は低く かつ 中環から上環あたりのお店で十分愉しめることが判りました.

2016 FEB  Lunch&Dinner @ Okhotsk [旅先グルマン]




BGM/Kamome Sano/わらびもちの唄

2016 FEB オホーツク紋別で食したもの. 機内のGozenは 往きは 翌日の早朝の朝食に
充て 復路は 銀座でのライブを演っているHへの差入れに.
初日 ランチは 洋食あんどう. ハンバーグランチ 2年ぶりの再訪で 少々値上げ.
相変わらずの安定ぶりに外国の方もいらっしゃいました. 15時のクルーズを終えて
夕食は 宿泊ホテル 敷設のレストランで 毛蟹とずわい蟹. ずわい蟹は しゃぶしゃべ
毛蟹は蒸篭蒸しで.... 今回は空港利用助成金はパス. 理由は早朝のサンライズクルーズを
予約したためです. サンライズクルーズと次の運航まで 時間が空くので 調査を含めて
延長して流氷帯迄周遊してくれる可能性があるのです. ランチは 手打ち蕎麦 にの字
屋さん. 寒かったので,暖かい汁蕎麦. 鶏のつくねに ごぼう. 店内から 水平線にうっすり流氷が見える眺望の良いお店です. が 少々アクセスは判りずらいです. 進行方向 興部(おこっぺ)方向 バイパス238 の登り天辺あたりの赤い陸橋が上にみえたら 次に右折できる道を右折  最初の右上がりの坂を右折 ..200メートルぐらいで右側にガルバリウム サイデイング造りのサロン なんたらと同じ棟の左側です. 営業時間近くなったら幌加内蕎麦のノボリが出ていると思います...... 事前確認して少し紋別の路地を徘徊しようと思ったら 迷いに迷い 店頭を通り過ぎること3度 結局 営業時間直前 電話で御主人にガイドしてもらい到着しました......レンタカーのナビでは電話番号入れても うまく誘導してくれない,かもしれません...

2016 Mar. 香港 采単 Vol.02 etc., [旅先グルマン]

スクリーンショット 2016-02-13 17.11.27.png

2月中旬になるのにオホーツク海には流氷が未だ接岸していません. 今年は本当に最悪,雪を観て ロシア産の蟹を食べるだけの滞在になりそうです. これはこれで仕方の無いことです. 温暖化の下 流氷を見ること選択した以上 避けられないリスクです.



その一方 3月 予定している香港で何を何処で食べるかは 佳境に入り ほぼ候補を絞り込みました. 海鮮ものは無し 飲茶は軽くします.  滋補燉湯,つまり 薬膳蒸しスープは勿論のこと 昔 香港の友人に勧められた 潮州料理や焼乳鴿(食用小鳩のロースト)もトライしようと思います. 宿泊は 香港島 上環で 運がよければ ハーバービューになるはずです,.

2015 Nov. 食在台北03通算 13 [旅先グルマン]




台北3日目/ 最終日ランチ.3日目は30℃を越えるとの天気予報に 台東の炭酸泉 蘇澳に日帰り旅行へ. MTR円山駅 降りて 台北に向かって右側に国光通運のバスターミナルがあります.蘇澳は最終バスターミナル南方澳に行く手前にあります. 片道170元 往復340元. 約90分で中山路の停留所.個室は沸かし湯と冷泉がセットの 40分 300元. ガマンして冷泉に浸かっていると炭酸気泡が身体に付きます.宮崎の 湯之元温泉の源泉よりは温度は高く 泡つきは 島根の小屋原温泉 熊谷旅館の1番目の 風呂並みの印象.屋外には水着着用の大きなプールのような施設もあります.昼食は 南方澳で.その前に海天宮に参拝.小さな長閑な漁師町にしては 大変立派な 金と翡翠の像が印象的です.海鮮料理を注文する敷居は少々高く 一人なら尚更です. 人様のテーブルの上の皿を指差しすることはマナー違反なので 事前にフレーズと調理方法を用意していく必要があります.運よく2軒目の海鮮料理店の女性に 韮葱炒虫傍蟹 一隻就好了(一部当て字) とIpadの画面を見せると 籠から活きた蟹を出して見せてきたので 多少銭と口頭で伝えると 400元と返ってきました.台北スーパーや市場でも一斤400元ぐらいなので 即答でOK. 席に案内してもらえました.復路は台北まで大渋滞.雪山トンネルへの車線規制もあり 倍の3時間かかりました.(バスは 1+2の編成で お手洗い付きです.)下車後 石牌駅に着きバスに乗車してCさんに連絡.時間が遅いので天母のガチョウ屋でOKと伝えました.但し ガチョウは供給ストップ かつ このお店は店主の方針でビール等出さないし持ち込み不可.食後 ビールを買ってホテルで歓談.最終日のランチは紆余曲折があり 海南鶏飯を却下して ご子息共々 麻油鶏.駐車スペースを探して列に並んで席を待ち食事が終わるまで1時間を越えていました. 立冬を迎えたはずなのに この日も気温28℃を超える台北.でも 食だけは冬モードに入った模様 薑母鴨(ジャンムーヤー)のお店も開店し始めました..

2015 Nov. 食在台北 02 通算12 [旅先グルマン]

2015 Nov. 2日目 6時に起床して 天母広場周辺を散歩. 朝食は 下調べで評判が良かった MRT 石牌 昨夜のガチョウ屋近くのワンタン屋へ.午前7時開店  蕭記大餛飩(シャオチーターワンタン) 注文は肉丸とワンタンの小で100元.薄味というか殆ど味付けをしていないので 何か 付けタレでも持参しないとちょっと厳しいのが正直なところ.Cさんの評価 まあまあかな≒翻訳するとデフォルトではお勧めしない. 9時頃 Cさんとお茶をしながら 今日はお昼に ご子息の国籍放棄の委任状作成等で 息子さんとモンゴル薬膳鍋のお昼の提案.了承して 天母界隈散策.天母の誠品書店はこの12月で閉店.......天母の市場士東市場で蟹を物色して ランチの小蒙牛へ.2時間食べ/ビール吞み/ハーゲンダッツ 放題で 一人約600元 注文は伝票からタブレットに進化. 相変わらず タワーでお肉や具材がアフタヌーンティさながらで給仕されます.腹ごなしに 天母からバス(508/535/536/612)で小15分ぐらいの陽明山の温泉へ. 行義路温泉では男女別では水着なして入浴できます.夕食時間を遅らせて 士林夜市 近くの 龍涎居で薬膳養生スープ. Cさんは麻油鶏 ワタシは 何首烏   何首烏は どくだみのような生薬 Cさんと知り合った当時 よくCさんの御母さんが作ってくれた薬膳スープを思い出しました. 夜市で夜食を物色.Cさんご一家お気に入りの焼 小籠包 一つ12元.皮はモチモチ 中はジューシーで大満足. (朝) 冷えてしまっても 蒸篭で蒸して 軽い飲茶に.... 
前の10件 | 次の10件 旅先グルマン ブログトップ