So-net無料ブログ作成

連泊 中日...... [温泉]



在 青森 八甲田 酸ヶ湯温泉 2日目 朝湯 酎ハイ ランチover ワイン 散歩
うたた寝 ,,,,と経緯して 夕食前の入浴 今後夕食の後 荷造り... 配りモノは別送
の宅急便へ手配. 連泊の贅沢は年内にもう出来ないだろうけども この時間を
確保できて幸せでした....,.昨晩 オッサンの頭の中で鳴った曲///

Oct.2012 島根 飯南 雲南 増補/番外 [温泉]

千原温泉 intact





湯之上館 看板ぬこ こはく 年齢推定 5ヵ月。20時頃 部屋の前に現れること2度。
遊んでもらいました。





島根 斐伊川沿い 出雲湯村温泉 湯之上館/共同湯/露天風呂 [温泉]

3泊目の宿泊。出雲湯村温泉 湯之上館。1日の宿泊は2客限定。
棟の前の茅葺屋根は囲炉裏端の食事処。今回は先客が居たため部屋食。





湯之上館にはお風呂が無く、前の共同湯に無料で入れます。朝風呂用に夜かぎを渡してもらえます。




露天風呂はいわゆる野湯系。八岐大蛇(やまたのおろち)伝説の舞台 斐伊川沿いの
露天風呂。宿泊した湯之上館の大女将さんに勧められて入湯。
アクセスは共同湯から徒歩2、3分。足元は少々気をつける必要があります。




※ 足元に藻があるのですべり易いので、夜間の入浴は避けたいです。
※地元の方から、川の増水があった後、草むら等に流されてきたマムシが潜んでいることがあるそうです。くれぐれも、ご注意を、とのことです。


Oct.2012 島根 飯南 千原温泉 再訪問 [温泉]

念願の再訪問を果たしました。智的な女将さんと交わした会話も良き想い出となりました。
2畳ほどの浴槽で3度の瞑想。山の中なのに塩分が強いアワアワ足元噴出の名湯。
階段と浴槽のアプローチに手すりが敷設され、シャワーのカランも備えつけられました。
今回は休憩室をとって3時間半の滞在となりました。

アクセス01





アクセス02

 



泡の音をそのままと思いつつ若干編集。瞑想をすること小1時間。

※低張泉なので利尿作用があるようです。



BGMはKamome Sanoさんの初期/カバー

そのうち未加工のものも折畳んでおきます。

【再掲】 島根 小屋原温泉 熊谷旅館 [温泉]

ハイビジョンのファイルを使用します。
ファイルが大きすぎて削除されてしまうので、エンコードしました。
"松江ホーランエンヤ"を知らないまま2009年 渡御祭 2日前に宿泊。 シュワシュワの感触はありませんが、体温が上がっていくと、しぶとい泡がまとわりつきます。入って2番目の浴槽が人気なようです。




コメント(0) 

北海道 養老牛温泉 湯宿だいいち 2011 FEB [温泉]

公式HP

湯宿だいいち

中標津 OUTを決めた時点で、宿は決まったようなものでした。各種媒体の露出も多く.知名度が高い温泉宿です。
数年前まで朝日旅行会”日本秘湯を守る会”のスタンプ帳に加盟していたそうですが、現在は脱退しています。1泊2食 1万5千円と若干高めの価格設定です。が、館内/室内はリホームが行き届き,夕食のメイン/魚の調理法の選択も出来納得です。 渓流沿いの露天風呂の他、樽風呂等 お風呂は充実してます。朝、ロビーの広い窓からはテンや小鳥を見ることが出来ます。朝食はパン食のラインナップも揃えたバイキング。地元の養老牛乳業の牛乳も大変美味しかった印象が残ってます。夏のシーズンに向けて、別館も建設中です。 





中標津空港周辺は牧歌的です。




続きを読む


コメント(0) 

島根県 石見銀山 近隣 温泉津 温泉 [温泉]

世界遺産に登録されている石見銀山にも近い 温泉津(ゆのつ)温泉です。
2009年”松江ホーランエンヤ”還御祭 観覧の際、石見萩空港から、一端、山口県
柚木滋生温泉に南下、津和野でランチ。その後、 R9をひたすら東に向かい、15時頃立ち寄りました。"石見銀の積出港だった漁港にある鄙びた温泉街”を予想していましたが、薬師湯等、モダンな佇まいで少々驚きました。石見銀山の間歩見学が16時までなので、極短い滞在@烏の行水になりました。





コメント(0) 

炭酸泉リスト [温泉]

2010年の行楽も、先日、仙仁温泉での『孝行温泉』を滞りなく終えで、ひとまずピリオドです。週末ETC 1000円を利用しての周遊も2,3検討中ですが、秋の行楽は混雑渋滞が予想され、また、この時期にやっておくことも多く、多分未消化になる目算です。

さて、メモを整理している中で、『炭酸泉』に関するTEXTがHDDにありました。思えば、2007年の初夏
大分の七里田温泉下ん湯に入湯して、温泉に関する考え方が随分変り、昨年2009年5月 島根の
小屋原温泉 熊谷旅館 、千原温泉に行き、嗜好が決定的になった、ような気がします。
マニア級のやりとりかどうか判りませんが、炭酸泉好きの方向けに何枚か貼っておきます。アップデート
したリストは、又の機会に。。

炭酸泉リスト001.JPG


炭酸泉リスト002.JPG

炭酸泉リスト003.JPG

炭酸泉リスト004.JPG

炭酸泉リスト005.JPG

コメント(0) 

温泉手拭等コレクト04 西日本 [温泉]





九州の温泉旅館の手拭がもう少しあったはずです、地獄温泉清風荘等、おそらく年賀で配ってしまった
のでしょう。壁湯 福元屋の藍染めの巾着、鹿児島おりはし旅館の丁子染め(ちょうじ‐ぞめ)の手拭が印象的です。
コメント(0) 

温泉手拭等コレクト03 関東甲信越 [温泉]

「う」は山梨 小淵沢の鰻屋 井筒屋。最後のコマは長野 仙仁温泉岩の湯




コメント(0)