So-net無料ブログ作成

Swim ; 遊泳から競泳の序章 [Des notes sans fin φ(。。)]



早稲田での昨秋ラミテイエでの会食で 100メート個人メドレを機会を見て
やろう,とグルマンZと約束してしまったようです.... 遊泳から競泳への何かとハードルは高くテクニカル面でターンの習得はmandatoryです. 飛び込みが出来る場所は限られているので本企画の実現性には?がありますが.....

その前に ルールとして
バタフライと背泳ぎでは 14メートル水面に潜って構わない事を知り,
着手しました. バタフライでは 25メートルの半分 12,5メートルをドルフィンキックで潜水モードをほぼ習得しました. やり方は 壁の真ん中ぐらいの高さで蹴って 手は平泳ぎのプルモードで 床ぎりぎりまで潜り 両手を頭の上の伸ばし 顔は床を見るようにして浮力を押さえます. 1,2,3------- 4,5,6----- 7,8,9------ 10,11,12--------とリズムを取りながらドルフィンキックをして両手で浮力に抵抗します. 数えるカウントは約9 上目仰角30°ぐらいに中間線が見えたら 視線を正面に上げ、 平泳ぎのプルで浮上して 1回目のストロークに入ります.大体 13メートルで水面に出て 1回目のストロークで 15メートルの位置に到達しているようです. 残り10メートルを5回のストローク 合計6回のストロークで25メートルを泳ぐのが当座のペースとなりました.

さて,ここからは さらにハードルが高い バサロ泳法が待っています. いきなり 背面に持って行こうとすると鼻に水が入り むせて話にならないので 一旦 左斜め垂直°ぐらいにカラダを反転させてから 完全な背面状態に
持って行く2段階を現在練習してます. 問題は 2点あります. まず第一に 浮力を押さえる為に深く潜水を試みるせいか 逆ドルフィンキックして 手で浮力を減じようとする中で 時折床に手が接触してしまうこと,これを避けようと中間レベルに浮上してしまうと距離が稼げないジレンマ....,2点目は 自分がどの程度 バサロで距離を獲得しているが距離感が掴めない事.現在 失敗すると 約6メートル うまくいって約12メートルで ばらつきがあり今後の課題です.

通しの練習は今のところ見送り けのびのバタフライで5メートル泳いで
ターン→バサロ泳法のインタバルに特化してます. 前方の視界が無いバサロ泳法の練習は コースを独占出来る時に限られるので 上達には時間がかかりそうです......