So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Renion after 3 years interval [Miscellaneous / Off list]





更新が滞ってます. 理由の一つは 3年ぶりの学寮同窓会の裏方をやっているからです.学生時代はフィクサー的に動くこともありました. 例えば 寮室のメンバーの編成を生徒でやることをお願いしたり 寮長の選挙実施を学校側に認めさせたり 下級生の「パシリ」を防止するために寮室は同学年で編成することを求めたり. 「長」が付く役職に就くよりも「副」が付く役割が多かった類いだったので 細かい点まで教師側と渡り合ったものです. つまらない話ですが 教師側がノミネートした寮長を引き込んで わざわざ喫煙沙汰を起こし引責辞任迄して寮長直接選挙を敢行したのは 今では口にする者も少ない想い出です. だから,卒業後は 「裏方」に徹することにしてます. 「我らが」寮長を神輿に載せるのが役目と任じてます. 梅雨時なので 靴を何を履くかは微妙ですが ワードロープは今日決めました.会食開始1時間前には会場入りして 受付 会計 片付けして2次会は今回Passです. 昨今の甘くてヌルイ「大学の自治」に比して緊張感があった あの時代の学寮に暫し浸れる機会がもうすぐあります ....,.

伊藤若冲の鳥獣花木図 屏風 (升目描きについて)雑考 08 [Des notes sans fin φ(。。)]


久々に酒肴にしてみました.通説は
Brutus 2006 8.15 vol.599 P83 鳥獣花木図屏風- 左右それぞれの中心に描かれているのは,象と鳳凰。 象は普賢菩薩の乗り物となる霊獣であり 鳳凰も平等院鳳凰堂を持ち出すまでもなく高貴な霊鳥です。その周囲には実在/非実在を問わず、霊性を帯びた動物が多く配されています.中には 海外からもたらされた動物も混じってますが,これは 木村蒹葭堂所蔵の博物標本を取材したものでしょう. 特に若冲のようなメンタリテイの持ち主にとって,外国といえば=中国、インドであり インド=天竺=極楽浄土. インドはそのまま仏国土であり,そこから来た動物は仏の国の象徴なのです.ですから動物の王と鳥類の王、そしてその周囲に配された様々な動物たちとが作り出しているのは 極楽浄土, ユートピアの風景であり曼荼羅です. 千宗家 談 *万象に仏を見た絵師*


形式的にはそうなんでしょうけど モチーフが極度にデフォルメ,特に 象の「ドヤ顔」
がやはり気になります. なんらかのデザイン的な叩き台無しに描いたとは思えない
ので2,3日検索してみると 関連するWEBに辿りつきました.
長崎代官を務めていた高木家では 将軍や大名から珍獣の注文を取るために 絵図を作成していた,そうです. これが 大阪や京都にも一部配布されていたかもしれない,との暫定的結論に至りました.
象や 山嵐の構図は 横向きと正面の差はあれ 近似していると思います.
換言すると珍獣がどんな動物であるかを知ってもらうラフなスケッチにヒントを得たのではないか? それは万人に自分の仏に対する思いを理解してもらうために必要だと思ったからっではないか....

animal.jpg

http://www.ndl.go.jp/nature/column/column_5.html

http://www.ndl.go.jp/nature/column/column_4.html

2018 May 【園遊会】@ 千葉 養老渓谷 [物見遊山]




ここ5年ぐらい恒例になっている千葉 養老渓谷での【園遊会】. メンツは I社長
キックな会計士K 等 かつての東北なんちゃってボランテイアのメンバーです.
ネックは アクアラインの渋滞. 往路は定刻に遅れること20分 復路は 遅れること1時間.今年は日差しもなく快適でした.勿体ないのは滞在時間の短さ 現地滞在2時間半.....まあ庭でランチを取りながらワインを戴くだけの会合なので十分といえば十分ですが....東京に戻り 恩師曰く最後の個展に足を運んで帰宅しました. 休日とはいえ襟のあるジャケットを忘れてしまったことを後悔することしきり.....

Azur竹芝 2018 園遊会 前泊 [都心]




千葉の養老渓谷での「園遊会」に備えて 竹芝に前泊しました. インターコンチネンタル東京ベイ,と行きたいところですが 並びのビジネスホテルです. 負け惜しみに聞こえますが 眺望に関しては コンラッドより上 インターコンチに負けない,との印象です.色々な点で旧弊感は否めませんが, 18階に大浴場があり, ゆりかもめの竹芝駅からも至近です. 伊豆七島へのgatewayでの宿泊は新鮮でした......

内幸町 台湾観光協会 東京事務所 [都心]




Routine worksに加えて 実家の片付け 除草 畑の耕作準備等で 加えて 週に4度はジムでスイムも継続しているので更新が出来ませんでした.とは云え,遠出の計画もあり 9月には 定期的な訪台になります. 今回は 新幹線で南下するのではなく東部の花蓮に2泊する予定です. エバー航空の子会社 ユニー航空は台北松山⇔花蓮を50分で結んでいるのでこれを利用する予定です. 問題は花蓮とその周辺に関する情報が乏しくまた陳腐化している懸念です. そこで 台湾観光協会に足を運んでみました.結果は やはり東部に関する情報は少ないとのこと.担当者が自前に収集している冊子等を拝見しましたが一部を除き「地球の歩き方」の記載と殆ど変わらない印象です.....
台北のCさんの話では現地に行けば典型的な情報は得られる,との事ですが, WEBで検索してできる限りの下調べをしようと思います.

-花蓮で現地Tourに参加するのも手かもしれません.....
https://www.kkday.com/ja/product/12181?cid=2756&ud1=Japanese&ud2=tw_12181

2018 May夏用リストウオッチ スモールセコンド付 [Mono]




春 秋 冬用の腕時計は 3/6/9の文字盤仕様なので 夏も同じデザインにしたく
ハミルトンが候補になりましたが,ふと昔 歯医者の待合室で閲覧した女性誌の
記事を思い出し 検索すると 3/6/9仕様はDiscontinueモデルに. 代替
候補を発見. スモールセコンド付のハンサムなfaceに即決...... ベルト込みで25,000のお代はお買い得.... しばらくRolexは貸金庫での保管になります...,.同モデルにはイエローゴールドとシルバーの2種類があります. 直に生産中止になるそうです.このお値段でスイス製....※ さすがにメカニックはクオーツ仕様です.

手拭いコレクト as of 2018 apr [Mono]




タンスに貯めた手拭いの整理. とりあえず非温泉系を. 実家から段ボール2つ ピンな無地の手拭いを発掘したので 新規の買い物は控えようと思います........

2018 Apr原宿キャットストリート等 散策 [都心]

2018 Apr原宿キャットストリート等 散策



連休前 都心散策. 表参道を挟んで原宿ヒルズの対面 キデイランドの先を右折通称 キャットストリート. 表参道沿いと趣きを一画違い カジュアルな店舗が目立ちます. ハミルトンで夏用の時計を物色. クレジットカードの月刊誌に載っていたモデルを見せて戴きます. 基本 3/6/9 のアラビアテーブルが好みなので 夏用もこれに統一したいのですが,Rolexの小ぶりなボーイズモデルは 出物が少なく かつビンテージなので防水が甘くやショックに弱い欠点があり これ以上古い腕時計につきあうのも時間的にも 物理的にも限界なので このあたりかな,が本音です. 実物を見て ピンクゴールドは NG.シルバーは 6万円台とリーズナブルですが ステンレスではなくやはりメッキ加工........それでも1940年代 北米でのヒットモデルの復刻版は滅多に出回らないでしょうから, 最終的にもう1回実物みて購入するか決めます.

本当はこういうのが欲しいのですが 日本の夏にレザー仕様はNGです....
http://www.sekaimon.com/us/31387/Wristwatches/183194879470/

Re* : 2018 Apr 実家の片付け途上からfindings [山梨]




30℃を超す気温の中 片付け途上 旧制高校の寮歌祭の手拭いを発見/発掘して一時作業の手を止めること暫し.... 1から8のナンバリング 地方の県庁所在地 予とあるのは予科 つまり付属高校.... 亡父は旧制 東京商科大学(現 一橋大学)予科 出身. 母校の他 幾つかの学校の校歌を口ずさんでいたものでした. 台北 京城に加えて 旅順 満州にも旧制高校が設置されていたのは知りませんでした..,.ちなみに  拙の学寮の寮歌は日本国国歌でした.....

2018 Apr 実家の片付け途上からのfindings [山梨]




暖かくなったので山梨の実家の片付けを再開. 目標は全て空にして解体 母のための新築です.
昨年 亡父の書斎を一応片付けたので 母親の部屋に着手. とにかくブツを捨てられない性分なので スーパーのレジ袋 銀行の袋 テイッシュ等膨大な量のものが詰め込まれています. このため母親はついに台所で就寝することになり 約10年前 間質性肺炎を患いました. 何が出て来るか判らないので 紙類と衣服を分別して 紙類はダブルチェックします. とあるデパ地下惣菜店のビニール袋が意外に厚いことを見つけ 中身を検分すると 古文書でした..... 父親の書斎の書架に封筒に入ったものは唯取り出して そのままトランクに保管するに留めたので 実際に見るのは初めてです. 実家の先祖はここ周辺の庄屋だったそうなので江戸時代の宗門人別帳なのはすぐ判りました. 詳細がわからないでいると 今日、昨日収拾した紙類の中から 亡父が書いた封筒が出てきました. 中身は空だったので 母親が一つに纏めたのだと思います.気づいたのは 地名の後の郡.の名称.. これは律令制の地方官制の名残だと思います.次に 宗派が意外にバリエーションがあること 禅宗 真言宗 浄土真宗 浄土宗.......,多分 菩提寺が複数あったのでしょうか. 最後に 五人組の記載. 捺印の色は色褪せていますが 紙質は190年前とは思えないぐらい良質で字のかすれ等はありません.  紙/硯等はお上/代官が用意したのかもしません....,.
前の10件 | -